2012年06月10日

うらべにシソ、野良生え?

DSC01275.jpg
(4月27日撮影)
3月からこぼれタネが発芽し出した、うらべにシソ
間引かずにそのまま放置してたら・・・

DSC01566.jpg
プランターなので野良生えとは言えないと思うけど、
何本有るんだ?ってくらいモジャモジャ。
みんなで競い合って伸びるので、全体的に徒長してます。

DSC01567.jpg
隣のセロリアックが・・・

DSC01568.jpg
で、バッサリ刈り取り?摘心?収穫?
最初のうちは節の上で切ってたけど、途中から面倒になって
適当に切っちゃいました。
下の方にも、今まで日陰に耐えていた小さいのがいっぱい。
この後、脇芽が伸びて来ると更にモジャモジャになるかも?

DSC01569.jpg
セロリアックも日当たりが良くなりました。って梅雨だけど。
播種からもうすぐ4ヶ月、こっちも間引かないと・・・(^^;

【画像クリック注意】(ヤケヤスデが写ってます)
DSC01576.jpg
あれだけ茂っていると、うらべにシソの地表は薄暗くてジメジメ
だったはずで、ヤケヤスデが大量発生してました。
以前から何匹かいたんだけど、姿はムカデに似てても別に
噛むことは無いし、潰すと凄い異臭がするので放置してたら、
それらが子供を生んで、プランター全体では数百匹はいるん
じゃないかと・・・。まあ腐葉土などの有機物を食べて分解し、
栄養価の高い糞にして土壌改善をしてくれるいいやつのはず。

DSC01572.jpg
結構な量が有ります。これはシソジュースにします。
間引いて1本2本を大事に育てるより、こぼれタネ放置で適当
に刈り取り、脇芽が伸びたらまた刈り取るって方がいいかも?
グッタリしちゃうと扱いにくいので、とりあえずバケツの水に
挿してあります。

DSC01574.jpg
そう言えば昨年は青シソを作ってない。シソの種子は短命なので、
また作りたいと思った時には発芽しないかも?ってことで、
5月30日に2008年と10年に自家採種したタネを播いてました。
08年のもまだ発芽してくれましたが、10年に比べ生長が悪い?
10年のを育てて、また自家採種する予定です。
posted by hiro at 22:22| Comment(0) | その他葉菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

ニラの温湯処理

ニラのアブラムシが触るのも嫌だなぁってくらい酷い事になってて、
液肥補給をさぼってたら液肥切れで更にボロボロ(^^;
(余りに酷いので写真は無し)
そっ〜と養液槽ごとビニール袋に入れてお風呂場に持っていき、
アブラムシもアザミウマも、シャワーで洗い流してやりました。

DSC01402.jpg
全て刈り取ってついでに株分け。
ってもっと早い季節にやることなのに・・・。
ポットから出すのも一苦労でしたが、根っこが絡み合っているので、
かなりブチブチ切って無理やり分けました。
その後チョット用が有って、このまま数時間水没させてました(笑)

DSC01403.jpg
いずみさんのベランダ水耕覚書の温湯処理の記事を参考に、
50度のお湯に3分間のつもりでしたが、当たり前だけどニラを
入れただけで1度下がり、更にどんどん冷めて行くので、48度
の掛け流しのお風呂に4分間入ってもらい、その後またいきなり
水風呂に、大丈夫か?

DSC01405.jpg
元々5ポットだったのを8ポットに

DSC01414.jpg
約24時間後、写真では分かりにくいけど、少しずつ伸びている
みたいで、何とか茹でニラにならずに済んだ様です。
対策をせずに外に出したら、、またすぐにアザミー・アブラーの
餌食だろうし、どうするかなぁ。
posted by hiro at 23:04| Comment(2) | その他葉菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

全然大きくならないセロリアック

DSC01274.jpg
タネを播いてから2ヶ月半のセロリアック
定植は3月中旬頃だったかなぁ?
少しずつは生長してるみたいだけど、本葉2,3枚のまま
全然大きくならないのも・・・。
暖かくなったので、少しは生長加速してくれるのかなぁ?

DSC01278.jpg
パセリの播種は・・・多分1月?
ず〜っとプリンカップのままだったのをやっと定植。
夏頃から収穫を始め、そのまま越冬して来年タネ採りを
する予定で、パセリはいつも2年周期です。

DSC01275.jpg
完全に土をひっくり返しても、やっぱりシソだらけ(笑)
このまま放置しといたらどうなるのかなぁ?

DSC01276.jpg
昨年のブラックプリンスを根元で切って撤収したままに
してたのもシソだらけ。

DSC01277.jpg
冬に一旦、地上部が枯れたニラも復活
でも、アブラムシ防止のビニール袋が紫外線による劣化で
破れたのを取り除き、冬の間に補修せず放置してたので、
既に黒い奴らがいっぱいです。orz

DSC01283.jpg
何度も液肥切れさせてヨレヨレののらぼう菜は撤収
posted by hiro at 22:48| Comment(2) | その他葉菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。