2012年05月17日

カブの採種

DSC01349.jpg
もう、水やりもせず放置の松阪赤菜とみやま小かぶ
赤菜の方はピンクのアブラムシの養殖場になっているので、
全て刈り取りました。
まあ、この2つはミツバチが行き来してて交雑しちゃってるので、
スプラウト用にでもしようと思います。

DSC01352.jpg
赤菜に付いたアブラムシを床に落とすと、他の野菜に這い上がって
来ちゃうので、落ちない様に余り振動させずにそっ〜と刈り取って、
メダカ水槽の上で払い落としてやると凄い勢いで食べてくれます。
最後の方はもうお腹いっぱいって感じだったけど(笑)
まだチョット早いみたいなので、もうしばらく乾燥させます。

DSC01351.jpg
みやま小かぶの方は、もうタネが弾けそうな状態だったので、
こちらも振動させない様に刈り取ってレジ袋に。

DSC01353.jpg
袋のままガサガサと揉んでやれば簡単に脱粒してくれます。
あとは風選でゴミを飛ばせば簡単なんだけど、マンションで
風選なんてしたらご近所迷惑になっちゃいます。

DSC01361.jpg
ある程度大きいゴミを取り除いてからプリンカップに入れて
かき混ぜると、カップの内側に細かいゴミが静電気でくっつく
ので、それを取り除く事の繰り返し。

DSC01362.jpg
タネ採り完了
何粒くらい有るんでしょうねぇ。
posted by hiro at 23:36| Comment(0) | ダイコン、根菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

ニンジン撤収

大阪も神戸も、やっと桜が咲いた様ですし、昼間は暖かいと
言うより、身体を動かしていると暑いくらいになりましたね。
でも、明日は春の嵐?みたいだけど。

DSC01235.jpg
ニンジンをいつ播いたかと思ったら、9月上旬でした(笑)
既に半年以上も放置してたニンジンをやっと撤収しました。
左がスイートキャロットで、右がラブリーキャロット
元々小さい品種だけど・・・かなり小さいのが多いですねぇ(^^;
スイートの方は深さが足りないって感じかな?
ラブリーの方はもう少し丸っこくなると思ったんだけどな。
どちらもとっても甘い品種です。

DSC01236.jpg
こちらも放置したままの赤菜(笑)
収穫もしないでこんなにしちゃって、何がしたいの?
何の為に栽培してるの?

DSC01238.jpg
すぐ横でも、みやま小かぶがこんな事になってるし。
時々グッタリしていたら水だけはあげているけど、
何でもかんでもほったらかし過ぎ(笑)

DSC01239.jpg
天気が良い日にはミツバチ達がやって来ます。
腹部の上の方まで黒いので、ニホンミツバチ?
近所にニホンミツバチの巣が確認されている木があるので、
たぶんそこから飛んで来るんじゃないかな?
今日は3匹来て、せっせと働いてました。
赤菜と小かぶの花を行ったり来たりしているので、確実に
交雑しちゃってますね。
タネ採りも出来ないのに、この後どうするつもりなの?
と自問自答しながら、やっぱり放置(笑)
スプラウトなら交雑してても関係ないので、とりあえず
採種だけはするかな?
posted by hiro at 22:44| Comment(2) | ダイコン、根菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

ダイコンの花が咲いたけど・・・

DSC01160.jpg
ダイコンの花が咲き始めました。でも1本だけ。
しかも全体像は・・・

DSC01161.jpg
こんなん(笑)
2本目に収穫したダイコンの首から上だけ
最初の状態の写真がないけど、

[参考写真]
DSC00589.jpg
これは全然別のダイコンで、今年の写真でもないけど、
最初はだいたい同じ感じ。
こんな状態からでも、ダイコンは花を咲かせます。

DSC01162.jpg
1本目に収穫したダイコンは、花が咲く寸前で折れちゃった。
折角がんばって根っこに栄養分を貯めたのに、それを切られ
ちゃったんだから、やっぱり軟弱ですねぇ。

DSC01163.jpg
3本目も苔立ちしてきてますが、花が咲くにはもうしばらく
かかりそう。

DSC01164.jpg
自家不和合性のダイコンは1株ではタネが出来ないし、
長く伸び過ぎて棚の天井にとどいちゃったので、咲いた花は
切っちゃった。(笑)
自家不和合性を打破する「蕾受粉」なんて手法もあるらしい
けど、近交弱勢を考えるとどうなんだろう?
3本目が咲くタイミングで、2本目の脇芽が咲いてたら授粉
する予定だけど、上手く合いますかねぇ?

自家不和合性や近交弱勢を考えると、10株以上で自家採種
するのが理想だけど、そんなに栽培できません。
それに、本来なら一旦収穫したダイコンの中から、形質の
良い物を選抜して、そのままもう一度植えるんだけど、それだと
少ない株数しか栽培できない環境では、タネを採る為だけの
栽培になっちゃうので、首から下の部分と大きな葉っぱは食用
にして、残した部分だけから無理やりタネを採ろうって訳です。
こんなんでも少量のちゃんと発芽するタネが採れるんですよ。
まあ、あまり元気なタネでは無いだろうけど・・・(^^;
ラベル:打木源助大根
posted by hiro at 23:32| Comment(2) | ダイコン、根菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。