2012年04月25日

ハイポニカ液肥、20%値上げ

4Lのハイポニカ液肥が、5,250円 → 6,300円(税込)になります。
協和株式会社のオンラインショップでは、既に値上がりしてます。

協和の販売代理店のごきげん野菜(店長さんが元協和社員)では、
5月1日から新価格になる様です。

同じく協和の販売代理店のECOGUERRILLAでは、4月下旬〜
になっているので、もういつ値上がりしてもおかしくないですね。

もう少しで無くなりそうな方、近々購入予定の方は、
値上げ前に購入された方がいいですよ。

ECOGUERRILLAでは大塚ハウス肥料も取り扱い出したので、
大塚ハウスが更に購入し易くなってますし、今回の値上げで、
ハイポニカから大塚ハウスに変える方がいるかも?
大塚ハウス肥料の詳細はこちら

で、大塚ハウス肥料の注意点を
小分けした物を購入したのでは低価格の恩恵が無いので、
10kg入りを購入すると、とにかく量が多いです(笑)
1号+2号で20kgもあって、なかなか減りません。

4Lのハイポニカ液肥を1年で使い切った私が、大塚ハウスを
購入したのが2008年の秋、現在1号が約4.5kg残ってます。
(粉末+濃厚原液の粉末換算)
期間は3年半ですが、感覚的に冬は夏の1/10以下の使用量
なので、3シーズンで5.5kg、1.8kg/年くらいのペースですね。
2号の使用量は1号の2/3なので、1.2kg/年くらい。
ほとんど基本のA処方の1/2濃度(約EC1.3)にしているので、
1号:1.8kg + 2号:1.2kgで液肥2400L分
(4Lのハイポニカ液肥を500倍希釈で2000L)

今のペースのままだと、使い切るまでに1号は5年以上、2号は
8年以上かかります。しかも1号と2号は使用量が違うので、
同時に使い切るタイミングは16年以上先のこと(笑)
自分がどのくらいの期間で使い切れるのか、自分のハイポニカ
の消費ペースで換算してみて下さい。

問題はこの長い期間の保存方法
冷暗所で保管するのは当たり前だけど、湿気も厳禁です。
特に2号は吸湿性が高く、潮解性が有ります。
潮解(ちょうかい)とは、物質が空気中の水(水蒸気)をとり
こんで自発的に水溶液となる現象のことです。

なので、できるだけ低温乾燥状態で小分け作業をしてます。
開封後に袋の口をクルクルっと丸めて洗濯ばさみで止める
だけではダメです。できるだけ袋の中の空気を抜いて、
シーラーなどで密閉して下さい。
2号は袋が二重になっているので、中袋も外袋も、それぞれ
しっかり空気を抜いて密閉してます。

これから大塚ハウスを使ってみようという方は、
とにかく湿気には気をつけて保管して下さいね。


【関連する記事】
posted by hiro at 22:17| Comment(0) | 液肥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。