2012年03月27日

LED育苗棚

DSC01230.jpg
散らかったところがあまり写らない様に、と思って撮ったので、
写真が分かりにくいけど・・・WIC(ウォークインクローゼット)内
に置いてある育苗棚。
幅76×奥行46×高さ155cmのメタルラックの周りにアルミシート
を巻いて、前面だけ簡単にめくれる様にしてます。

DSC01231.jpg
LEDユニットは吊るすのが面倒なので、最上段?天板?の
上に乗せてあるだけ(^^;
今は9:30〜21:30の12時間点灯。点灯中の上面温度が
30度くらいになるので、夏野菜の発芽にちょうど良い?
嫌光性種子はLEDの上で発根させてます。
WICの扉を開けなければ、それほど光が洩れないので、
外から見て、窓が怪しげな色になる事もあまりない(笑)
WIC内でのこっそり栽培だけど、栽培しているのは野菜だけ。
法に触れる様な物はありません。キッパリ(笑)

DSC01234.jpg
下の段には、屋外での工事などでも使える、防水タイプの
蛍光灯をぶら下げてます。
一応は植物育成用の蛍光管なんだけど、レタスでも徒長して
しまうくらいなので、全然光量が足りない。orz

DSC01232.jpg
メタルラックの最下段の棚は床面から50cmの高さに設置し、
その下に160Wのパネルヒーターを置いて加温してます。
加熱中のパネル面に素手で触っても大丈夫なくらいで、
熱くはならないので、火事の心配は無いかと・・・たぶん。
WICにはもちろん窓なんか無いので、窓からの冷気は無いし、
広さも2畳弱くらい、メタルラックの周りもアルミシートで囲って
いるので、非力なヒーターでも十分に加温できてます。

温度制御は熱帯魚水槽などのヒーター用のサーモスタットを
2つ使い、昼夜(LED点灯時と消灯時)で温度が変化する様に、
電磁リレーでサーモを自動切換え。
ちょっと写真が暗くて見づらいけど、左下の方に赤い光が
写っているのが電磁リレー。
今はLED点灯時25度、消灯時17度に設定してます。
タキイ種苗の「果菜類の失敗しない苗作り」を参考に、
この温度にしているけど、LEDだけでは光量不足なので、
やっぱり徒長ぎみ(^^;
posted by hiro at 22:12| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あこがれのLED棚です♡。
乗せるだけっていうのも、ありなんですね。
>法に触れる様な物はありません
私は窓際でマイプラントを使っているので、育ちすぎのトマトなんて外から見たら怪しすぎなんですよね(ーー;)
Posted by いずみ at 2012年03月28日 07:54
棚の網目が細いとは言っても、少しは光を遮るんだから、
ホントは吊るした方がいいんだろうけどね。
そもそも何度も動かす物じゃないんだから、最初にちゃんと
吊るしておけば良かったのに、いまさらやろうとすると、
苗達を一旦退避させないとダメなので余計に面倒(笑)

じつはアザミウマに入られちゃったんですよ。
一旦屋外に出した苗は、二度と中には戻していないので、
たぶん私が服に着けたまま自分で持ち込んだんだろうなぁ。
ベランダに出た後は、すぐにはWICに入らない様にしてたん
だけど・・・orz
春の育苗が終わったら、一旦全て無くして殺虫と一緒に、
LEDも吊るそうかな。

ピンクの光は怪し過ぎですよねぇ。
普通の昼光色でも効率が良い物があればいいのに。
葉っぱの切れ込みが深い状態のオクラなんかを育てたら、
かなりヤバい感じに見えるかも(笑)
Posted by hiro at 2012年03月28日 23:58
アマチュアでhiroさんみたいに環境設定してる人はすくないでしょうね。積み重ねのノウハウがいっぱいでしょうか。大和ハウスでなんか売り出したみたいですよ。レタスが年間1万株収穫できるそうで、年間管理費が30万ぐらいですから(人件費は除く)いまの野菜の高値が続けば採算に合うでしょうね。
計算では一日でレタスが30とれます。
そろそろトマトの定植をはじめました。大玉トマトがぼつぼつ咲き始めてます。全部は期待してませんが半分でもいいです。ことしはトマト、なす、きゅうりをこなしてえんどう、いちごがラインアップに加わりそうです。先日和歌山から三重に行ってきました。
自然がいっぱいでした。お刺身がおいしいのと熊の古道の石畳が印象にのこってます。
Posted by 三年生 at 2012年03月31日 20:04
三年生さん
ノウハウなんて大したものは無いけど・・・(^^;
昼夜の温度変化も、一定の場合とどれだけの違いが有るのか、
検証なんて出来てないし(笑)

大和ハウスのアグリキューブですね。
年間30万ってことは月2万5千、電気代だけでももっとかかる
かと思ったけど意外と安い?レストランとかなら面白いかも?
その場で無農薬栽培したっていう安心感はあるんだろうけど、
オーガニックとは対極の100%化学肥料栽培に気付いた時に、
一般消費者はどう思うんだろうね?普段から水耕栽培をやって
いる私は全然平気だけど(笑)
Posted by hiro at 2012年03月31日 23:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。