2011年10月20日

プチヒリ、播種から2ヶ月

DSC01050.jpg
タネ袋には極早生55日型(播種後)って書いてますが、何か?
記載通りに育ったことなんか一度もありません(笑)

プチヒリの前の記事から約20日、だいぶ大きくなりました。
5株あるんだけど、左下と右上は、10日5日頃に屋外に出して
いた胚軸切断をした苗とトレードしました。
最初は小さかったので全体に日が当たってたんだけど、今では
真ん中ばっかり大きくなって、他のが影になっちゃってます。
このままでは左下が育たないので、左下と真ん中を入れ替え
ようと思ったんだけど、既に根っこが絡み合っていてムリでした。
養液槽ごと、時々向きを変えるくらいしか出来ないかなぁ?

DSC01051.jpg
で、屋外の方も、左前と右後は5日頃まで室内にあった、
胚軸切断をしていない普通の苗です。
こちらもこのままでは、写真でも見えない左後が育たないので、
左の前後を入れ替えたかったんだけど、やっぱりムリでした。
とりあえず今は養液槽ごと反時計回りに90度向きを変えました。

真ん中にはハンサムグリーンが居て、なんとか生きてはいるん
だけど、完全に影の中です。

防虫ネットで覆っているので、チョット窮屈そうで、葉っぱが
折れちゃっている所も・・・でもまだネット要るよなぁ。

DSC01049.jpg
ベランダの床に黒い粒々が転がっていたので、またイモムシの
落とし物か?って思ったら、うらべにシソのタネでした。
シソはたぶん放っておいても、来年もまたこぼれタネが勝手に
発芽して来るとは思うけど、念の為タネ採りをしました。
枯れた穂先を摘んで、指先でゴソゴソとタネを取り出したら、
指先がシソのいい香りになります。香りだけなので、唐辛子の
様に後々困ることはないので、素手でも大丈夫(笑)


posted by hiro at 22:29| Comment(0) | ハクサイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。