2010年10月23日

タケノコハクサイ

DSC00425.jpg

9月29日に播種したミニハクサイのプチヒリです。
これは固定種じゃなくてF1種です。
ミニハクサイで固定種ってないのかなぁ?
密植だけどタケノコ形なのでなんとか…。

昨日の記事の美味タスは断熱材に直接セットしていましたが、
これは底に穴を開けたプリンカップに苗をセットし、それを
断熱材にセットしています。

プリンカップに1株ずつセットする方が根っこを痛めることも
少ないし、セットもしやすいです。
プラコップでは深過ぎて、葉っぱが横に広がってくれません。
徒長苗が倒れない様に使っている訳じゃ無いし。

それと、こちらの断熱材はアルミホイルで覆わず、シリコン
コークを全体に塗ってます。
汚れも落ちやすいし、根っこが断熱材の中に入り込む事も
無いので、再利用しやすいです。
もちろん防カビ剤が入っていない物を使っていますが、
植物および人体に影響が無いとは言い切れませんので…。
金魚等の飼育用水槽のシール剤が一番安心でしょうね。

DSC00427.jpg

1.5mのグラスポールをクロスさせて、雨よけと防虫を兼ねて
ビニール袋を被せています。
今日の様に暑いと、内部温度はかなり上がっていたと思います。
ハクサイには保温は必要ないって言うより、寒さに当てないと
ダメなのかなぁ?甘くなってくれない?


posted by hiro at 22:59| Comment(0) | ハクサイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。