2010年08月24日

液肥のお話し

DSC00297.jpg

現在、私が水耕栽培で使っている液肥は、大塚ハウスです。

水耕栽培を始めた時は、ハイポニカを使ってました。
途中で飽きるかも知れないので、とりあえず1Lを購入し、
何とか続けられそうなので、次は4Lを購入しました。

4Lを標準の500倍希釈すると液肥2000Lが作れます。
それでも夏はトマトやキュウリが大食漢なので、1日に20L
〜40Lを補給しながら、これで50円分、100円分なんて
せこい事を考えながら、4Lも約1年で使い切ってしまい、
コストを考えて大塚ハウスに切替えました。

ハイポニカは標準の500倍希釈でEC1.6くらい?
原液4L 5,250円 液肥2,000L分 (2.625円/L)

大塚ハウスは粉末で、
アミノハウス1号 10kg 5,610円
大塚ハウス2号 10kg 3,666円
大塚ハウス5号 1kg 2,561円

標準のA処方でEC2.6くらい
1号 10kg 5,610円 6,667L分 0.85円/L
2号 10kg 3,666円 10,000L分 0.37円/L (計1.22円/L)

水道水のEC値が0ではなく、2.6 x 0.6 = 1.56 と計算通りには
ならないが、A処方の0.6倍濃度でハイポニカと同等とすると、
1号 10kg 5,610円 11,111L分 0.505円/L
2号 10kg 3,666円 16,667L分 0.22円/L (計0.725円/L)

ハイポニカの3分の1以下のコストです。

5号はEC1.3以下の場合に、20〜30g/tを追加します。
25gとして、1kgの粉末は液肥40t分も有ります。
EC1.3以下の時だけだと、一生かかっても使い切れないので、
EC1.3以上でも追加しちゃってます。

5号 1kg 2,561円 40,000L分 (0.065円/L)

大塚ハウスは豊田肥料の通販で購入できます。

で、なぜ液肥のことを書いたかと言うと、
大塚ハウスは粉末です。
液肥を作る度に粉末を溶かすのは面倒なので希釈用濃厚原液を
作ります。原液を作る度に粉末を計量するのも面倒なので、
前もって粉末を小分けする作業をしたからです。

特に2号は吸湿性が高いので、小分け作業は湿度の低い冬に
した方が良いんだけど、原液がなくなりそうなのに、
小分けしたものがもう無いので仕方がなく…。

粉末をこぼしても飛び散っても洗い流せるように、作業は浴室
で行いました。
浴室に一番近い部屋のエアコンをガンガンにかけて、扇風機で
浴室の方に風を送り、かと言って浴室内で風があると粉末が
飛ぶので、浴室内までは風が届かないくらいにして、しばらく
したら約60%だった湿度が約40%まで下がりました。

DSC00298.jpg

DSC00299.jpg

1号は600g、2号は400gずつ小分けして、
更に1号と2号をセットにして密封パックした物を6セット
作りました。
これで来年分はあるはずです。
もしかしたら再来年の、また夏頃に切れるかも?(^^;

これで、1号600g、2号400gをそれぞれ水に溶かし、
A処方の200倍希釈用原液を2Lずつ作ります。
A処方液肥で400L、0.6倍だと667Lの液肥が作れます。


posted by hiro at 21:53| Comment(2) | 液肥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hiroさん、大塚ハウスだったんですねー。
ハイポニカだと、夏場の消費量はビクビクしちゃいますもんね(笑)
「ああ、プロっぽくて良いなぁ〜」なんて思いながらも、普段買ってるお米よりも重いと思うと、なかなか手が出せませんですよー (^_^;
あと1年、飽きずに栽培を続けられたら、乗り換えてみようかしら。

Posted by Naomi at 2010年08月24日 22:09
10kg単位ってのは、確かに躊躇しちゃいますよね。
それも1・2号で20kgだから、保管しておくのも邪魔だしね。

大塚ハウスの初期費用はハイポニカ4Lを2回分くらいなので、
それ以上続けられそうだったら乗り換えても良いかも?
途中でちょっと飽きても「まだ大塚ハウスが残っているから」
って続ける理由付けにもなるかも?(笑)

ハイポニカは通常A液とB液を同量ずつ混ぜるので、同時に
使い切る事が出来ますが、大塚ハウスは1号と2号を3:2
で混ぜるので、10kgの1号を使い切った時には、まだ2号が
残ります。残った2号を捨ててしまっても既にハイポニカより
経済的ではあるけど、どうやって捨てたらよいのか?

1号と2号を同時に使い切るのは、1号:30kg、2号:20kg
を消費した時なので、無駄なく使うにはかなり長期間続ける
必要があるけど…。(^^;
しかも5号は使い切れない?

数人で共同購入も出来るけど、消費ペースもそれぞれ違うし、
小分けしたり、送料とかを考えると、手渡し出来るくらいの
ご近所さんじゃないと、粉末を溶かす手間だけ増えて、結局
たいして経済的じゃないってことになるかも?
Posted by hiro at 2010年08月25日 20:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。