2012年07月28日

オクラ、復調?でも頑張り過ぎ?

DSC01817.jpg
養液槽の高さもあるので、普通の露地栽培よりも位置が高く、
2株がほぼ同じ高さで、葉っぱの天辺は既に私の背丈を越え、
生長点がちょうど視線の高さ。あと30cmくらいで限界です。
1株は腕を水平に上げたくらいの高さで、その15cmくらい下に
一番低い株があります。
横の万願寺トウガラシも結構高い(笑)

DSC01818.jpg
一時期調子を落として、生長点での落蕾も有って、どの株にも
花が咲かない日が続きましたが、ようやく回復して来ました。

一番下の@は収穫した節
その上のA〜Dの4節は生長点の時に落蕾しちゃった節
で、一昨日E、昨日F、本日Gと3日連続で開花。
もしかして明日Hの蕾も咲くかも?
病み上がりなのに、チョット頑張り過ぎじゃない?(笑)

それにしても、節間がかなり狭くて2,3cmしかありません。
これくらいの節間のままだと、高くならなくていいんだけど。

DSC01816.jpg
生長点も細い先端の枯れが無くなりました

DSC01820.jpg
じつは、胚軸切断をしたオクラが、ペットボトルのまま
まだ残ってました。
もう何度も液肥切れをしているのでボロボロですが、
小さい花を咲かせました。背が高い方も昨日咲きました。

液肥濃度による葉っぱの違いを実験しようかと思いながら、
めんどくさがりな私が細かい管理が出来る訳も無く・・・。
で、しばらく水だけにして様子を見ようと思います。
まあこちらはあまり収穫を期待してないし(笑)
posted by hiro at 23:45| Comment(2) | オクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。