2011年05月30日

万願寺トウガラシもブクブク開始

DSC00769.jpg
5月9日に日向土にポットごと定植して屋外に出した、
万願寺トウガラシとパプリカです。
パプリカは大きな実が色付くのに時間がかかるし、ちょっと
アブラムシもついているし、ちょっとお疲れモードで新しい
花が咲いていません。
万願寺トウガラシの方も実があまり大きくなってないのに
色付いてきて調子が良くない。

DSC00768.jpg
900mlのペットボトルのまま、西側の室内窓際に置きっぱなし
だった万願寺トウガラシ2本を、やっと屋外に出しました。
スプライトと同じ方法で、2Lのペットボトルにブクブクあり。
ほとんど新しい花が咲いてなかったけど、お日様とブクブクの
パワーで何とかならないかなぁ?

DSC00771.jpg
1番果は形も大きさも、まあまあいい感じだったんだけど、
その後は変な形のばっかり。
posted by hiro at 23:23| Comment(2) | トウガラシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

トマトの着果状況 - その2

昨日のつづき
(この記事の写真は全て5月26日の早朝に撮影)

DSC00761.jpg
一度根腐れしちゃったスプライト
後ろのオクラやブラックプリンスと重なっちゃって写真が
見づらいですね。
黄色くなった葉っぱを取ったので下の方がスカスカだけど、
上の方はまあまあ元気そうにいっぱい花が咲いてます。
ブクブクパワーで真っ白な根っこもいっぱい出てます。

DSC00762.jpg
スプライトの第1果房
プリーツって感じじゃ無いけど、何か凹みがあります。
上の方の果房は、全部着果すれば1果房に20個くらいは
成りそうです。

DSC00763.jpg
西ベランダのワイルド・チェリー(左)とゴールデン・サンレイ
脇芽を全く取らずに放任状態です。
簡易温室の骨組みから飛び出した枝は、ビニール紐で
横に誘引します。
ゴールデン・サンレイの方は背が低いけど、大きな葉っぱが
かなり茂っているので、こっちはちょっと整枝するかな?

DSC00764.jpg
ワイルド・チェリーの第2果房だったかなぁ?
第1果房も着果しているけど撮りづらい位置だったので、
撮り易い果房にしたのに、ちょっと奥にピントが合ってますね。
10個ほど綺麗に並んでいます。

DSC00765.jpg
ゴールデン・サンレイの第1果房
開花が遅かったので、まだまだ小さいです。
萼の大きさが今後の肥大を予感させてくれます。

今年のトマト6品種のうち、後発のアロイトマト以外は全て
着果しています。
第1果房だけトマトトーンを散布しましたが、あとは自然に
まかせる予定です。
ワイルド・チェリーは第1果房にも散布してません。
ゴールデン・サンレイは他に比べて開花が遅かったので、
もしかしたら散布するのを忘れているかも・・・?
収穫はまだまだ先ですが、今年は液肥切れしない様に・・・。
posted by hiro at 21:49| Comment(0) | トマト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

トマトの着果状況 - その1

今年のトマト達は3月1日に播種
3月23日にポット上げ
5月2日に養液槽にセット
(この記事の写真は全て5月26日の早朝に撮影)

DSC00759.jpg
水耕栽培のブラックプリンス(左)とチベット・アップル
余計な脇芽はカットしているんだけど、ちょっとゴチャゴチャ
茂り過ぎ?

DSC00755.jpg
ブラックプリンスの第1果房
先端の蕾はもう咲かないんだろうなぁ。

DSC00754.jpg
これが第2果房?
最初の主枝は第2果房までで摘芯する予定だったんだけど、
房じゃなくて一輪だけだったので第3果房まで伸ばして、
その先で摘芯しました。
第3果房はまだ開花中で結実は確認できていません。
確認できたら捻枝の予定です。

DSC00756.jpg
チベット・アップルの第1果房
奥の方に写っている第2果房も着果してます。

DSC00760.jpg
日向土のブラックプリンス
左隣のプランターは4月30日にタネを播いたアロイトマトで、
まだ本葉が4〜5枚

DSC00757.jpg
日向土のブラックプリンスの第1果房
こちらも先端の方は着果しそうにない。
posted by hiro at 22:17| Comment(2) | トマト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。